WORDPRESS引越し ヘテムルからAWS LIGHTSAILへ

依頼内容

WORDPRESSサイト(ヘテムルにホスティング)が重いのでAWSへ引越ししたい。

問題点

トップページの表示に12秒かかる

表示が遅すぎる。
サーバーが遅い、プラグインの設定に問題有りの2重苦から激重のWORDPRESSになっていた。

解決策

以前よりAWSへサーバー移行したいというご要望から、引越し先はAWSに決定。

サービスはAWS LIGHTSAILを選択、その理由とは。

  • 月額固定費用が読めること
  • AWSのクラウドVPSであること
  • CDNがあること

などが決め手となったメリット面です。

AWSは強力で拡張性が高いですが、初めて利用する場合は費用を読むことができないのと従量制なので、高額請求となってしまったらどうしよう、そして諸設定や運用に専門知識が必要な点などでしり込みとなるケースが多いです。

AWS LIGHTSAILはそういった心配のない、小規模で固定費で簡単にCDNをつかったWORDPRESSサイトを構築、運用できるサービスです。

中小企業、または、個人経営などの小規模のwordpressサイトを運用に強くおすすめします。

施工内容

  • wordpressのバックアップ
  • DNSレコードの切り替え
  • AWS LIGHTSAILの初期設定
  • CDNの設定
  • SSLの設定
  • wordpressのレストア
  • 動作テスト、機能チェック

アピールポイント

DNSとドメインはムームードメインのまま、wordpressはAWS LIGHTSAIL、メールはさくらインターネット

初期状態ではDNS・独自ドメインがムームードメイン、wordpressとメールをヘテムルで利用していました。
うち、メールはさくらインターネット のサービスに移行しました。

毎日動いている状態から、DNSとドメインはムームードメインのまま、wordpressはAWS LIGHTSAIL、メールはさくらインターネットというようにサービスをなるべく業務に滞りがでることなく分離できました。
安全なメールサービスの移行にはDNSホスト管理の知識と経験が必要です、お任せください。

AWS LIGHTSAILでWORDPRESSを展開したのち、CDN有でのSSL(https)が一工夫必要となります。
そのままでは、wp-adminへのログイン後のリダイレクトが意図通りに機能しなかったりします。

このあたりも滞りなく解決いたしますのでご安心ください。

WORDPRESSのAWS LIGHTSAILへの引っ越しは是非とも私へご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です