法人の静止HTMLサイトをサーバー引越し

依頼内容

コストの高い古いレンタルサーバーから、安い最新式のレンタルサーバーへ引越ししたい。

原因

かなり昔に契約したレンタルサーバーで業界大手でないところで見かけたりしますのが、新しい機能が少なく使い心地も悪いのに料金が平均よりも高いというサービスです。

割と早くからHPを立ち上げた法人様に多いですね。

早く立ち上げたばかりに、競争による優秀で低価格な業者が出揃う前にサービス業者を選定してしまっているからですね。

今回はサーバー選びは済んでいたので、私の仕事はHPのコンテンツの移動と動作確認です。

施工内容

  • FTPで旧サーバーからコンテンツをダウンロード
  • コンテンツの中身を確認
  • FTPで新サーバーへアップロード
  • 新サーバーでの表示を確認

アピールポイント

こんなのFTPでダウンロードしてアップロードするだけじゃないか!?と思われるかもしれません。しかし、

古いサーバーの古いコンテンツですとshtmlやPerlのcgiが利用されていたりします。

それらをそのまま新サーバーへアップロードした場合、動かないことがあります。

そういうことの無いように、ダウンロードしたコンテンツをIDEでつつきまわし、新サーバーへアップロードしてきちんと動作するかチェックします。

簡単そうなの静止HTMLのサーバー引越しのように見えますが、このように丁寧な検証作業があることでエラーの起きない引越し実現しています。

静止HTMLのサイト引越し、ご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です